【ホットウィール】パーキングビルを買ってミニカーの収納を!【レビュー】

hotwheels-stunt-garage Hot Wheels
この記事は約4分で読めます。

ホットウィールの奥深さにすっかりハマってしまいホットウィール関連のサイトをチェックしまっくている今日この頃です。
こどももミニカーで遊べるようになり、ちょこちょこミニカーを買っていたのですが「収納」という問題が発生!
おもちゃ箱に入れてしまうと、ミニカーで遊びたい時にどこに行ったか分からなくなってしまうのです。

そんな問題を解決できそうな商品がついこの間発売されました!

その名も「パーキングビル」!!
※海外では「Stunt Garage」という名前です。

世界No.1のミニカーブランドHot Wheelsからダイキャストカー20台を収納できるプレイセット「ホットウィール パーキングビル」 4月下旬より発売 | mattel
ホットウィールは、1968年に販売を開始し2018年に発売50周年を迎えた、販売台数世界一のダイキャストカーブランドです。発売以来、60億台以上を製造し世界中の子どもたちに親しまれてきました。子どもたちの成長とともに、現在ではコレクターアイテムとしても発展し、子どもから大人まで、幅広い年齢層に支持されています。このたび

他にも収納するアイテムはありますが、これは立体駐車場ぽくってカッコいい!

Amazonで予約して本日到着しました!

さっそく開封していきます

箱!

どこから開けるのか?と箱を見回してみると、箱の裏側にミシン目と人差し指を立てたマークが!

箱の開ける所

流石にバリバリと箱を開けるのは躊躇われたので、側面からバリバリと開けました。

内容物一覧

ざっくりと並べてみます。

並べてみました

接着剤も電池も不要で遊べます。
付属するミニカーは「24 Ours」でした。

24 Ours

Amazonの写真とは色など若干仕様が異なるようです。

調べてみると、2018年の「Track Builder 5-Pack」に付いてくるミニカーと同じ物と思われます。

24 Ours
1 Description 2 Versions 3 2011 card 4 Gallery The 24 Ours was designed by Rob Matthes and was based on Le Mans Prototype-style race cars. This model features a...

黒いボディと赤いベースがカッコいいですね。

説明書を見ながら組み立てていきましょう。

一緒に入っていたパンフレットの商品が激しく気になります。

パンフレットの商品

組み立て!

若干力は必要ですが、パチパチと簡単に組み立てられます。
小さいお子様には大人の方が組み立てることをおすすめします。

組み立てていきます

駐車場部分も数字に合わせて組んでいきます。
各階、右上に大きく数字があって分かりやすいです。

各階の目印

完成!

組み立てには5分も掛からなかったです。

完成!

グラつくこと無くしっかりとしていて上部を持ち上げても安定していました。
これなら20台格納しても大丈夫そう!
公式では20台収納可能とありましたが、駐車スペースを数えてみると24台は駐車できます。

遊んでみる

早速、家に転がっていたホットウィールを駐車しました。

hotwheels-stunt-garage

付属していた物を合わせても6台…
他はパッケージから開けていないものもありますが20台には程遠い。。

駐車場部分には凸凹があり、ちょっとぐらい揺らしてもズレることはありませんでした。
パーキングとしてしっかり機能しています!

前から見て右側にも保管する所があり、こちらには7台収納可能。

右側の収納

この商品の目玉である「エレベーター」!
手動で各階ごとにカチカチと止めることができました。
なかなか良いですね。

実際に最上階からミニカーを走らせてみましたが、これはミニカーの形状によりスムーズに走ることが出来る物と途中でひっくり返ってしまう物がありました。
特にホットウィールはオリジナルデザインのミニカーが多くラインナップされていますので、特殊な形状のミニカーは走らせにくいかもです。

しっかりと走らせて遊びたいときは「TRACK STARS」のタグが付いているホットウィールを選ぶと良さそう。
TRACK STARS」はトラックビルダー等のプレイセットで遊びやすいようによく走るホットウィール。

他のプレイセットとも接続が出来るので、どんどん繋げて拡張したくなります!
トラックビルダーのシリーズも一緒に発売されたので、一緒に買うともっと楽しめますね。

まとめ

ミニカーの収納に困っていた矢先に、このアイテムはとても良いタイミングで発売され、ついつい購入してしまいました。
まだまだ台数は少ないですが、満車を目指してこれからホットウィールを集めていこうと思います。
しかしこのホットウィールというミニカー、とても奥深くて沼に落ちると抜け出せそうにありません。
深追いせずにちょっとずつ買っていこう。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました